大沢の家
撮影:新 良太
さいたま市を拠点に全国で設計を行っている菰田建築設計事務所のウェブサイトです
 
毎日心地よく機能的に暮らせる建物
街に調和しながら趣きのある建物
思わずニンマリ微笑んでしまう建物
そんな建物を生活スタイルや価値観を伺いながら
ひとつひとつつくってゆきます
works
桜区の家
瓜破の家
大沢の家
三軒茶屋の家
よろいばりの家
太田窪の家
家を建てるということ
設計事務所の設計した建てものを見ていいなと思っても、設計事務所に設計を依頼することは敷居が高いと感じられる方は多いかもしれません。菰田建築設計事務所では設計とは何をすることか、設計事務所が設計するとどうなるかといった話から、実際の計画の状況や予算などのご相談をお伺いする機会をもうけています。設計するということは家に対する考えや趣味やご家族のことなど、プライベートなお話もします。まずは設計される側もする側もお互いを知り合うことが大切です。ご希望の方はメールかお電話にてお気軽にご連絡ください。ご相談料はいただいておりません。
 
 

設計とは

設計とは敷地の環境や形状の中で、住まう人の形態・嗜好・予算に合わせて建物をつくり上げていくことをさします。


建築士は、設計業務と工事監理業務を行うことを主な仕事としており、その報酬として建築主から設計監理料を頂いて仕事をしています。

設計業務とは建物の平面・断面計画から始まり構造や設備、仕上材の指示、外構計画に至るまで、建築主と打合せを重ねてイメージを具現化し、それを実際に作るための図面を描く作業を指します。

施工会社の選定や見積の発注・調整なども行います。

工事監理業務とは施工者が図面通りに施工しているか、適切な施工を行っているかを、建築主の代理人としてプロの目で確認し、間違いがあれば直すように指示していく作業を指します。施工現場をまとめていく現場監督とは異なります。

確認申請や中間・完了検査などの申請業務も設計業務・監理業務と平行して行います。

一般的にはハウスメーカーや工務店の場合、設計と施工を同じ会社が行うことが多いですが、設計者が入り建築主の立場に立って仕事をすることで、監理が甘くなったり手抜き工事が行われたりすることを防ぐことができます。

竣工後も点検やメンテナンスに関するアドバイスなどさせていただきます。

 
 

仕事の流れ

設計監理業務の流れについて、ご相談をうけてから建物が完成するまでを下記にまとめました。
期間は目安ですが、新築木造2階建ての場合です。規模や構造によって期間は変わりますのでお気軽にご相談下さい。


【ご相談】 1ヶ月~
顔合わせ 打合せ
 仕事の進め方などの説明だけでなく、嗜好・暮らし方・趣味などお聞きできればと思います。

敷地調査
 敷地にどのような建物が建つのか、