業務内容


建築士は、設計業務と工事監理業務を行うことを主な仕事としており、その報酬として建築主から設計監理料を頂いて仕事をしています。


設計業務とは建物の平面・断面計画から始まり構造や設備、仕上材の指示、外構計画に至るまで、建築主と打合せを重ねてイメージを具現化し、それを実際に作るための図面を描く作業を指します。


施工会社の選定や見積の発注・調整なども行います。


工事監理業務とは施工者が図面通りに施工しているか、適切な施工を行っているかを、建築主の代理人としてプロの目で確認し、間違いがあれば直すように指示していく作業を指します。施工現場をまとめていく現場監督とは異なります。


確認申請や中間・完了検査などの申請業務も設計業務・監理業務と平行して行います。


一般的にはハウスメーカーや工務店の場合、設計と施工を同じ会社が行うことが多いですが、設計者が入り建築主の立場に立って仕事をすることで、監理が甘くなったり手抜き工事が行われたりすることを防ぐことができます。


竣工後も点検やメンテナンスに関するアドバイスなどさせていただきます。