カドノイエ

用途 : 専用住宅
種別 : 新築
構造 : 木造2階建
敷地 : 115.71㎡
延床 : 115.07㎡
竣工 : 2010年5月

施工 : 丸喜(株)斉藤組
撮影 : 新 良太

その名の通り、鋭角の「カド」のある敷地に建つ住宅です。

敷地形状を立上げたような建物外形と、カドに建つ低い塀との間にうまれる余白が、この家の顔となっています。
都心の主要駅に近く、商業地域に面した住宅地という立地のため、一階は外部からの視線と防犯性を考えて
閉じていますが内部は吹抜に面する大きな窓とトップライトから差し込む光で明るく満たされています。
子供部屋になる予定のオープンスペースを含め、全体が大きくつながり、広々とした空間になっています。

玄関、洗面室、キッチン、寝室、床下空間とそれぞれ必要な場所に収納空間をとり、あるべき場所に収納できるように計画されています。
また、寝室はミニシアタールームへの準備として、遮光・防音の対策をしています。

VOICE

一緒に家づくりをした建主さんの声を頂きました。

Q 家づくりに望んでいたこと
A 以下のような点を中心に、色々なことを打ち合わせで相談をさせていただきながら、家づくりをさせていただきました。
・子供が生まれたばかりだったので、家の中の空間がつながり、子育てがしやすい環境になること。
・夫婦ともに料理が好きなので、作業スペースも含めて料理がしやすいキッチン。
・玄関にそのままベビーカーがそのまま入る、収容スペースがある玄関にしたい。
・寝室を半防音にし、スクリーンを設置して、プロジェクターで映画が見えるようにしたい。

Q 他に検討したところ
A 最初にハウスメーカーをいくつか巡り、注文住宅を頼もうとしていました。
しかし、ハウスメーカーに頼むのはあきらめ、その後インターネットで設計を募集したところ、50件ほどの設計案をいただきました。5人ほどの案を選び、それぞれの設計者の方とお会いして話し合いをした結果、菰田様の案を選ばせていただきました。

Q 菰田建築設計事務所を選んだ理由
A 以下の理由で50件ほどの案から選ばせていただきました。
・設計案が要望通りであり、収納など細かいところも考えて頂いていました点。
・事前に話していてコミュニケーションがうまく取れそうだった点。
・予算内で進めそうに思えた点。   ※実際は、少しオーバーしました。

Q 設計過程で共に家づくりをして感じたこと
A ・ベースの設計案を詳細化していく中で、こちらが要望していないところまで細かく検討してくださいました
  ・設計図面が一般的な図面より細かかったようで、別途契約した施工会社が理解しやすかったように思えました。
  ・建築が予定通りに進んでいるかのチェック時に、菰田様と施工者(大工さん、工事担当者等)が喧嘩しているのを何度か見かけました。
   何度もチェックしてくださいますし、施工者とも真剣に議論してくださっていたのが好印象でした。

Q 住んでみて思うこと
A ・木を感じられる空間で、動線もよく暮らしやすいです。
  ・お風呂、寝室などを除いた空間を一つにまとめたことで、家族のコミュニケーションがやりやすく子育てもし易いです。
  ・リビングに小上がりの和室空間をつくったのですが、子供は遊び、大人も落ち着ける空間になっています。
  ・床下、台所の裏、ウオークイン収納がいっぱいあり、生活空間からかなりものを隠せるのがよかったです。
  ・家具も家に合わせてオリジナルな家具を設計してくださり、とても助かりました。
  ・私がトイレの電気を消し忘れてしまうので、トイレを人感センサーにしてよかったです。